スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#54~ひとつになりたい想い~

Reversi-Love_054.jpg

 

黒羽編




俺の腕の中に葛西がいる。

目を伏せ軽く唇を突き出すようにしている葛西の背中に手をあて、ゆっくりと覆いかぶさるように唇を重ねる。

柔らかい。

その感触に酔いながら、葛西の頬にもう片方の手をそっと添える。

葛西の顔を固定して、俺は葛西の唇を貪る。

葛西も俺に応えてくれて、葛西の手は俺の首の後ろで交差している。

時折唇を離し、お互いの視線を交差させ、再び唇を重ねる。

葛西・・・・・

「透さん・・・。」

何度目かのキスの後、葛西が俺の名を呼ぶ。

俺はその声に引き寄せられるように、葛西の首筋に舌を這わせる。

「はぁっ。葛西・・・。」

俺の口から熱い息が漏れ、葛西の肌にかかる。

俺は更に下へと舌を這わせる。

「あっ。んンっ。透さ・・・・っ。」

俺の舌の動きに葛西は躯をびくつかせ反応する。その反応が嬉しくて、俺はもっと意地悪をしたくなる。


葛西の躯にキスの雨を降らす。

白い肌に赤い所有の印が浮かび上がる。

その印を結ぶように舌を這わす。

その都度葛西の躯がびくびくと跳ね上がる。

俺は葛西に軽くキスをすると、葛西を抱きかかえ寝室へと移動した。

ベッドに静かに葛西を下ろすと、そのまま覆いかぶさるようにキスをする。

そして・・・・・。


「あぁっ。」

葛西は躯を仰け反らせ、白い喉元を晒す。

俺は葛西を抱きかかえるようにして腰を動かす。

「あぁっ。はぁっ。とお・・・・るさ・・・っ。」

息も絶え絶えに葛西は俺の名を呼ぶ。

俺の少し汗ばんでいる胸板に一度手を置き、そのまま背中へと手を回す。

「もっと・・・。もっと、ぎゅぅっと抱いて・・・・」

そういって俺の背中に回した手に力を込める。

俺はまぶたを閉じ、カラダのすべてで葛西を包み込む。

閉じられたまぶたの上に、すこし長めの黒い前髪がかかる。



---葛西っ。愛してる。愛してるっっ。

決して口には出せない想いを、俺は葛西にぶつけるように腰を動かしていた。

いつかこの想いを共有したい。

今は自分に対する哀れみでもいい。

こうやって自分を受け入れてくれた葛西が愛おしい。

抱いているのに、抱かれているようだ。





「葛西」

"愛している"のかわりに名前を呼ぶ。

「葛西。葛西っ。」

何度も葛西の耳元で囁くように繰り返す。

その言葉は、切なく、それでいて甘い。

俺は葛西を強く抱きしめた。

葛西もそれに応えるかのように抱きしめ返す。

そうして俺たちはひとつになった。








おはようございます♪まぬかんです。

記事の準備がなかなかできなくて、今すべりこみセーフで記事を予約投稿しました♪

公開時間の30分前(笑)

少しでも寝ます~。おやすみなさいです。


まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。