スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#57~お互いの距離感~

 
Reversi-Love_057.jpg
 
「今、帰り?」

---正直、ちょっと照れ臭いな・・・

祐介は笑いながら春奈に問いかけた。

「そうなんです。祐介先生もですか?」

「うん。送ってくよ。」

「わーい。ありがとうございますー。」

春奈はわざとおどけて言った。

互いに距離感がつかめないでいたが、とりあえず通用口に向かって廊下を歩いていた。



「クロは?」

---もう少し気の利いた事は聞けないのかよ、俺。

祐介が軽く自己嫌悪に陥る。

しかし春奈は特段気に留めた様子もなく、返事をする。

「そうですねぇ。第二外科の前を通っていないので、ちょっとわからないです。病み上がりなんだから早く上がれていればいいですね。」

「そうだな。本人に病み上がりっていう意識がなさそうだけどな。」

2人で顔を見合わせて笑った。

「お前の方が病人のくせに。」

突然背後で声がして、2人は驚いて振り返った。

バックを持った手を肩にかけ、黒羽が立っていた。


「2人とも、メシ食いに来るか?」

「いいね。行く行く。何食わせてくれんの?」

「食いたいもんがあれば、何でも作ってやる。言ってみろ。」

祐介と黒羽が何を食べるかという話しで盛り上がっている横で、春奈は周りをキョロキョロしながら距離をとって歩いていた。

「春奈?何やってんの?」

祐介が聞くと、廊下の柱の影に隠れた春奈が顔を少しのぞかせる。

「今日、先輩達にクギを刺されたのを思い出して。どこで何を見られたのかわからないんですが、白王子と黒王子の不可侵協定を忘れたのかって。」

「「不可侵協定?!」」

2人の声がハモる。

そして2人ともニヤッと笑う。

「わけわかんない。」

「くだらねぇ。」

2人同時に春奈の横に立つと、春奈の背中に2人とも手を回し、グイッと前に押し出す。

「普通に俺らの横にいればいいんだよ。」

黒羽が照れながら言った。

「きゃー。クロちゃんかっこいい~。」

祐介が茶化しながら逃げる。

「祐介っ。てめっ」

後から黒羽が追いかける。

黒羽をからかいながらうしろ向きで歩いていた祐介が、廊下の角で死角から出てきた人物とぶつかった。

「きゃっ。」

祐介は慌てて声の主に頭を下げ謝る。

「すみません。俺、前方、というか、後方不注意でっ。」

頭をあげると、師長の福田が微笑みながら立っていた。

「小学生か中学生のようですね。祐介先生?ダメですよ、病院内で走っては。」

そう言うと、黒羽、春奈の順で確認する。

「今日は皆さんもうお帰りなの?」

そうです、と祐介が短く返すと、福田は満面の笑みでお疲れ様でしたと言った。

黒羽と春奈も挨拶をして、その場を立ち去ろうとするが、祐介だけは動かないでいた。

「祐介?」

黒羽が声をかけると、祐介は笑いながら言った。

「ごっめーん。医局に忘れ物しちゃってさ。取りに行ってくるから、先に行ってて。後から俺も行くよ。」

黒羽が冷たい目で祐介を見る。

「じゃっ!」

祐介は足早にそこから立ち去る。

その祐介を黒羽はにらみながら見送った。

「透さん?」

「ん?」

「何か、気になる事でも?」

「・・・ああ。祐介が、またウソをついた。なんか隠してる。」


春奈は一瞬だけ目を丸くしたが、すぐに微笑む。

「大丈夫ですよ。祐介先生を信じましょう?」

黒羽は少し驚いたあと、かすかに微笑んだ。

---かなわないな。葛西の方がよっぽど付き合いが長いみたいだ。

「じゃあ、あいつの好きなものでも作ってまってるか。」

「はい!」

 
 
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。