Reversi-Love#78~強引なキス~

 
Reversi-Love_078.jpg
 
「それより西さん、あの写真っ。いつの間にあんな写真を撮ったんですかっ」

西はニンマリと笑った。

「いい仕事してただろ。」

「まあ・・・それは、確かに…。でもっ。あんな写真撮られてるなんて知りませんでしたっ。絶対他の人にみせないでくださいねっ」

西はまだニンマリと笑っている。

「なんで?いい写真じゃん。」

「なんででもですっ。」

春奈はカルテをにぎりしめながら西に言う。

西は一歩、二歩と春奈ににじり寄り、春奈を壁に追い詰めると、春奈の顔の横に片手をつき、腰をかがめて春奈の顔を覗き込む。

「こうやってさ、見つめあっててさ。2人とも恋する目になっていて…。少し妬けたよ。」

そう言って春奈の唇に自身の唇を近づけていく。

その時、西が乱暴に春奈から引き離された。

西の肩をつかみ、にらんでいる黒羽がいた。

「うちのスタッフに、なにしてるんですか?」

一瞬西は呆気にとられたが、ニヤっと笑った。

「ふうーん。」

その人を値踏みするような視線に黒羽はカチンとくる。

しかし病院内であるため、表には出さない。少なくとも黒羽はそのつもりだった。

「ここにも春奈チャンに恋するオトコがひとり、か。」

そう言って黒羽の腕を強引に払う。

「なっ」

「俺さ、人間観察は得意なほうなんだよね。いつもファインダーのぞいて被写体の内面を撮りたいと思ってるから。」

そういうと西は春奈に向かい合い、にやっと笑う。

「で、春奈チャンはどっちが好きなの?」

唐突な西の質問に、春奈はあっけにとられる。そして西の質問がようやく脳に伝達されると、一気に顔が赤くなる。

「ん?ふ~ん。」

西がさらにニヤニヤ笑う。

「春奈チャン、ひどいね。どっちも好きなんだ。」

「「えっ」」

春奈と黒羽が同時に驚く。

「なっ何いってるんですかーーっっ」

春奈が西をポカポカカルテで叩く。

---葛西が・・・・俺のことも好き?

『今はまだ選べないっていって、どっちも好きっていってたもんっ。』

---愛が言っていた話は本当だったのか?まさか。そんな。

黒羽は驚いて春奈を見つめる。

その視線に気づいた春奈は顔を赤くして視線を逸らす。

「そう、、、なのか?葛西。」

西は相変わらずニヤニヤわらいながら、その場を立ち去る。

「葛西。答えろよ。俺のこと、好きなのか?」

春奈の顔の横に肘から先をつけ、もう片方の手で春奈の顎を持ち上げる。

黒羽は春奈の目をまっすぐに見る。

春奈は顔を赤らめたまま、黙ってこくりと頷く。

「ごめんなさい・・・・。ひどいって自覚はあるんですけど・・・・。」

「いや、いい。」

そう言うと黒羽は春奈を抱きしめた。

「ちょっ。透さんっ。ここ病院っっ」

「知ってる。」

「誰かに見られたらっ」

「俺は構わない。」

「私が構いますってばっ。」

黒羽がカラダを離して春奈を見る。

「例の不可侵協定ってやつか?」

「・・・それもありますけど、、、、。恥ずかしいからですっ。」

「俺だけを見ていればいい。人の目なんて、きにするな。」

そう言って黒羽は春奈の唇をふさいだ。

---透さん、、、強引すぎです・・・・。

春奈はそっと黒羽の背中に手をまわした。



まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ