スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#79~ソノツモリ~

 
Reversi-Love_079.jpg
 
背中に春奈の手が回るのを感じた黒羽は、春奈から唇を離し、再びギュッと抱きしめる。

「葛西・・・・。」

春奈の髪に指を絡ませ、そして春奈の細腰を引き寄せながら、強く抱きしめる。

「と、透さん。本当に、私、行かないと。」

まるで離したくないといわんばかりに、黒羽の腕に力が入る。

「透さん・・・。」


「今晩、俺んち来いよ。」

「え?」

春奈が顔を上げる。

その春奈にまっすぐ視線を落としながら、黒羽は妖艶に笑う。

「帰さないから。そのつもりで来い。」

「!!!」

春奈は真っ赤になって黒羽の胸に顔を埋めた。

そして、ゆっくりと小さく頷いた。



そして夕方。

春奈は申し送りを終え、更衣室で私服に着替える。

---どうしよう。なんだか今になって恥ずかしくなってきちゃった。

『帰さないから。そのつもりで来い。』

---そのつもりって、そういうつもりですよね?

ロッカーの扉をパタンと閉めると、少し紅潮した頬で更衣室を後にした。



黒羽の家につくと、呼び鈴を鳴らす。

するとすぐに愛が出てきた。

「あっ。おねーちゃんっ。いらっしゃぁい。」

愛は明るく春奈を迎え入れた。



春奈はチラッと時計を見る。

もう夜の11時をまわったところだった。

健太と愛は既に寝かせた。

---緊急オペでも入っちゃったのかな・・・。

春奈は今でテーブルに伏しながら、ぼーっとしている。

そしてやがて訪れた睡魔に勝てず、まぶたが閉じていった。




しばらくすると、玄関のドアがソロソロと静かに開く。

黒羽が疲れた顔をして帰ってきた。

玄関で靴を脱ぐと、居間にいる春奈が目に入った。

黒羽は春奈の傍らに膝をつき、寝顔を覗き込む。

そしてその頬を曲げた指でさする。

「待ちくたびれたのか?」

春奈はくすぐったそうに微笑む。

「ん・・・・。」

黒羽はドキっとした。

---ったく、あいかわらず寝ながらも俺をさそいやがる。

「葛西。待たせて悪かったな。起きろ。こんなところで寝てると風邪を引くぞ。」

「あ・・・・。透さん・・・・おかえりなさい。」

その笑顔に、黒羽は心を奪われ、気がつけば春奈にキスをしていた。




まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。