スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

【R15】Reversi-Love#83~甘い疼きと羽交い絞め~


 
Reversi-Love_083.jpg

 
「葛西、俺に躯をあずけて・・・・」

そういって黒羽は春奈の躯を少し捻りながら、春奈の背中を自分の胸につけさせた。

そして、後ろから春奈の胸を包み込むように手のひらで覆う。

「あ・・・・」

春奈の躯がビクッと震える。

黒羽は耳の裏に唇をつけると、ねっとりと舐めあげた。

「ひゃんっ。」

春奈は驚き黒羽から離れようとするが、黒羽が羽交い絞めにしているような体勢のため、身動きができない。

黒羽の手がゆっくりとうごき、春奈の胸を揉みあげる。

「ん・・・・。はぁっ。・・・・あ・・・・。」

春奈は顔を少し下に向けながら、甘い疼きに耐えている。

そんな春奈を黒羽は回りこむようにして見ると、黒羽は少しいたずらっぽく微笑む。

春奈の胸を弄るように撫でまわし、もみ上げ、さすると、耳に唇をつけ、わざと息を多めに吐いて囁く。

「葛西。気持ちいい?」

そういって、服の上からでもわかるぐらい尖っている突起を指先でしごき始めた。

「あっ。あぁぁっ。だ・・・め・・・っ。んぁっ。」

春奈は黒羽の腕を掴み、抵抗しようとする。

しかし黒羽はそれが本気の抵抗でないことを知っている。

「葛西・・・。かわいい。」

そういってうなじに舌を這わし、耳裏に向かて舐めあげる。


「あ・・・・っ。とお・・・・るさ・・・・。」

春奈は黒羽の舌と手の動きにあわせ吐息を漏らしながら、悶えるように身をよじる。

躯をよじったひょうしにスカートがめくれ、春奈の白い太ももが黒羽の目に晒された。

「葛西・・・。きれいだ。」

すぅっと太ももを撫で、そのままスカートをたくし上げながら上へと指を滑らしていく。

「ぁあっ。透さ・・っ。」

黒羽の指が春奈の中心に触れると、春奈は大きく躯を跳ねさせた。





まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。