スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#91~共に、未来を。~

 
Reversi-Love_091.jpg 

 
その数分後、春奈は病院の屋上にいた。

ベンチに座り、空を眺めている。

下を向いたら涙がこぼれてしまいそうで、空を見ているふりをしている。

ギシッ

春奈の横でベンチの軋む音がした。

春奈の手に、冷たい缶コーヒーを握らせる。

春奈が横を向くと、先程の春奈と同じように空を眺めている祐介がいた。

「俺も、おヒマを出されちゃったよ。」

力なく笑う祐介に、春奈も力なくふふっと笑う。

「祐介先生は、金山さんが西さんのお父さんだって、ご存知だったんですか?」

祐介は自分の分の缶コーヒーを開けると、ひとくちくちに含んだ。

「俺が執刀する予定だったからね。術式の説明の時に知った。」

「…」

「あと、一日待っていてくれたらな…。」

そう言って、再び空をみあげ、遠い目をする。

「患者の死に立ち会ったの、初めてなんだって?」

春奈はコクリと小さく頷いた。

「そっか。」

祐介は春奈の頭に手をおくと、ぐいっと自分の胸に引き寄せた。

祐介のぬくもりを感じ、溢れるものを抑えることができず、春奈はただ泣いた。





しばらくして、春奈が落ち着いたのを確認すると、祐介が話し始めた。


「金山さんさ、春奈の事がすごく気に入ったみたいで、西さんの嫁に欲しいって言ってたんだ。俺の前でさ。」


祐介は春奈を自分の胸から離し、指で涙を拭うと、真剣で、でも、どこかはにかんだような複雑な表情で口を開いた。

「春奈、結婚しよう?」

突然の祐介のプロポーズに、春奈は状況が飲み込めずにいた。

「ずっと、一緒にいよう?老いても、ずっと一緒にいよう。」

春奈は驚きのあまり声も出ない。

「一緒に歳を重ねていきたいんだ。こんな事思ったの初めてなんだ。」

祐介が春奈の頬に触れる。

「春奈の未来を、春奈のすべてを、俺にくれないか?」

祐介は真剣な表情で春奈を見つめている。

「ゆ…すけせん…せ…。」

「考えてみて。返事は急がない。」

そう言って軽くキスをした。

「俺、夜勤明けで明日オフだから。今晩食事でも行こう。」

そう言って春奈の返事も聞かず歩き出した。

---もう、強引なんだから。

祐介の後姿を見送る。

---私が一人になったら落ち込むと思ったのかな?それにしても・・・

先程の祐介の顔が目に焼き付いて離れない。

---祐介先生・・・。



まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。