Reversi-Love#92~動揺~

 

Reversi-Love_092.jpg 

 
その後、春奈は福田に礼を言って勤務に戻った。

福田が春奈を呼び止める。

「葛西さん。人の死に対して泣けるあなたのその気持ちを大切にして。決して死に対して鈍感になってはダメ。」

「師長・・・」

「冷静になるのは必要だけど、心の中は熱くありたいと思ってる。もう私に人の死に対して泣けるという感情はないけど。そうやって自分を守ってきたのだけど、人間としてどうかと思うわ。」

「師長・・・。」

---師長に聞いてみようか、シロチョーの事を。祐介先生はこの二人はなにか関係がありそうだって言っていた。

「師長、ちょっとご相談したい事が・・・。」


「仕事?それともプライベート?」

「プライベートです。」

「・・・じゃあランチを一緒にしましょうか?お昼頃、屋上で待ってるわ。」

「はい」




春奈は勤務に戻り、午前中は目まぐるしく働いた。その目まぐるしさが、春奈に金山の事を考える時間を与えなかった。


春奈は購買で買ったおにぎりが入った袋を手に下げ、屋上へと向かった。

屋上に出ると、あたりをキョロキョロと見回す。

「あ」

端の方のベンチに座っている福田の背中が見えた。

春奈は早歩きで福田の元へ行くと、お待たせしましたと言って隣に座った。

「私のクチから話せる事は多分あまりないと思うわよ?」

先手をうって福田が言う。

「シロチョーの奥さんについてききたいんです。あと、多分お子さんのことも。」

福田が驚いて春奈を見る。

「なん・・・で、葛西さんが頼子とその子供の事を知ってるの?」

「頼子さんっていうんですか、シロチョーの奥さん。亡くなったって話は聞いているんですけど、ご病気ですか?」

福田は春奈の目から見ても、明らかに動揺していた。

こんな福田を見るのは初めてだった。

やがて長くため息をつくと、いつもの福田に戻った。

「まさか頼子の話だとは思わなかった。てっきり・・・」

「てっきり、なんですか?」

福田はふふっと笑った。

「あぶない。誘導尋問にひっかかるところだったわ。」

春奈も笑った。



まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ