スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#95~アイシテル~

 
Reversi-Love_095.jpg 
 
やがて食事が終わり、少し苦目のコーヒーを飲んでいると、なぜか祐介がソワソワし始めた。

祐介はコーヒーを一気に飲み干すと、意を決したように春奈に向き合う。

「春奈。昼は思わず言っちゃったけど、改めて、申し込む。」

祐介の真剣な表情に春奈は胸の高まりが止まらない。

「俺と、、、佐伯祐介と結婚してください。一生大切にすると約束する。お互い歳をとっても、仲良く手をつないでいるような、そんな夫婦になりたい。春奈とならなれるって思ってる。」

春奈は瞳に涙をいっぱいためながら、黙って祐介の話を聞いている。

祐介はポケットから小さな箱を取り出し春奈の左手をとると、そっとその薬指に箱の中身・・・指輪をはめた。

「春奈が迷ってるのはわかってる。でも、俺の真剣な気持ちもわかって。」

そう言って春奈の手をそのまま持ち上げ、キラキラと輝く石に上唇を、その下にある指に下唇を、両方同時にキスをした。

「正直、俺の人生の中にこんな場面があるなんて想像したことなかった。いや、想像できなかった。こういう気持ちになれたのは、春奈のおかげなんだ。」

春奈の手を包むように握ると、祐介は話を続ける。

「春奈・・・。愛してる。」


その瞬間、春奈は驚いた表情をみせたあと、すぐに目を細めた。

涙が頬を伝い、テーブルクロスにシミをつくる。

「祐介先生に、"愛してる"って言ってもらったの初めてです・・・。嬉しい・・・。」

そう言うとさらに涙が溢れ出した。

祐介はそんな春奈の様子に少し驚きながらも、優しく見つめている。

「初めて、だっけ?」

「そうですよっ。」

「とっくに言っていると思ってた。本当に?」

「そうですよっっ。」

祐介は慌てて立ち上がり、春奈を胸に抱く。

「・・・愛してる。」

「・・・」

「春奈。愛してる。」

そう言って祐介は春奈を強く抱きしめた。

春奈の想いは声にならず、溢れるその想いを込めて、祐介を抱きしめ返した。




まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。