Reversi-Love#105~ご褒美~

 
Reversi-Love_105.jpg
 
それからというもの、黒羽はすっかり時の人となった。

端正な風貌とあいまって、ワイドショーなどは連日黒羽を追った。

しかし黒羽本人はどこ吹く風で、あくまで普段通りに過ごしていた。たった一つを除いては。


春奈が病棟の廊下を歩いていると個室のドアがあき、中から出てきた手にいきなり部屋の中へと引き込まれた。背後から春奈を抑え込むようにして抱きしめる。

声を上げようとしたところ、口を大きな手で覆われてしまう。

---なにっ。だれっ?!

春奈が逃れようとバタバタと手足を動かすと、耳元で声がした。

「葛西。俺だ。」

拘束する力が緩み、春奈が後ろを振り返ると、笑顔の黒羽が立っていた。

黒羽は入口の鍵を閉め、春奈に向き合うと、今度は正面から抱きしめる。

「会いたかった・・・」

そう言って春奈を抱く腕にさらに力を込める。

---そんなこと言われたら、キュンってなっちゃいます…。

春奈は黒羽の胸に顔をうずめながら、そう思った。

「マスコミに追いかけらるのはガマン出来るんだが、葛西に会えないのは、ガマンできないんだ。葛西・・・」

そう言って春奈の顎を指でクイっと上げる。


「と、透さんっ。この度はおめでとうございましたっ。」

黒羽がクスッと笑う。

「杓子定規な言葉だな。」

黒羽の笑顔に、春奈は何も返せないでいた。

「言葉より・・・。ご褒美をくれよ。」

「え?」

黒羽がニヤッと笑った後、目を閉じて動かない。

---これは、キスをしろってことですか?ご褒美って、私からのキス?!

春奈はドキドキしながら黒羽の両頬に手を添える。

黒羽が少しかがんでいるとはいえ、高いその到達点に向かい、かかとを上げ・・・キスをした。


そしてゆっくりと唇を離す。

お互いの目がゆっくりと開き、視線が絡み合う。

「透さん、海外に行っちゃうって、本当ですか?」


黒羽が目を丸くして春奈を見下ろす。

「寂しい?」

黒羽が春奈に聞くが、春奈は黙ったままでいる。

「確かに声はかかっているよ。」

春奈が驚いて黒羽の顔を見上げる。

「健太と愛に広い世界をみせるにはいい機会だと思っている。向こうの方が家族に対するバックアップ制度は整っているしな。でも、俺には日本でやり残したことがあるんだ。それが解決するまでどこにも行かない。」

春奈はピンときた。

「シロチョーのことですか?」

黒羽はニコッと笑いながら頷いた。

「葛西。それが解決したら・・・。俺と一緒に行かないか?俺は、葛西についてきて欲しいと思ってる。」

春奈は驚いて黒羽を見つめている。

「葛西春奈さん。俺と結婚してください。」






まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ