スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#111~大切なモノ~

 
Reversi-Love_111.jpg
 
綿貫は病室を出ると、一般病棟へと移った。綿貫の後ろからは検察の人間がゾロゾロと手を出せずについていく。

「祐介っ。佐伯の小倅っ。出てこいっ。」

綿貫があたりの人間を威嚇しながら、声高に祐介の名を叫び第一外科へ向かって歩いていく。

ナースステーションの横まで来ると、運悪く中から春奈が出てきた。


「お前はっ。」

綿貫はニヤリと笑うと、まどかを突き放し、春奈の腕をつかむ。

嫌がる春奈の腕をキュッと締め上げる。

「祐介っ。お前の女の顔に傷をつけたくなかったら、さっさと出てこいっ」

そう叫びながら、院内を練り歩く。

「綿貫っ。」

綿貫は声のした方にゆっくりと向く。

祐介が怒りの形相で、綿貫をにらんでいる。

「その手を離せっ。」

祐介がそう言うと、綿貫はまったく気にも留めず話し始める。

「君には騙されたよ。能力者は涼介だけではなかったんだね。ある意味君の方が使い勝手が良い。」

「・・・どこでそれを。」

祐介は睨みながら、内心は動揺していた。

「君の家系を調べてね。そうしたら君の先々代、つまり君の祖父に当たる人物の双子の兄が、弟を守るために腕を切り落とし、弟の政敵にその血を飲ませ絶命したそうじゃないか。君も私のために、その腕を切り落とし、私の政敵にその血を与えたまえ。」

「断ると言ったら?」

「代わりにこちらのお嬢さんの血が流れるだけだ。」


祐介はナースステーションのカウンターに手を伸ばし、ペンたてにはいっているカッターを取り出した。

「祐介先生っ。だめっ。やめてくださいっ。腕はっ。外科医の腕はっ。祐介先生の腕はたくさんの人の命を救うための大切な腕なんですっっ!!」

祐介は両手を軽く広げながら、優しく微笑んで春奈を見る。

「春奈。君の方が大切なんだ。」

そう言うと祐介は一気にカッターを振り下ろす。

あたりから一斉に悲鳴が上がった。


ぽたっ。
ぽたぽたっ。

クリーム色のリノリウムの床に、どす黒い赤い円が幾つもできる。それらはやがてつながり、大きな血溜りとなった。


春奈は言葉を失い、涙を流しながらそれを見ている。

カッターの為、腕を落とすまでには至らないが、かなり深いところまで切ったようだった。

肘の内側の少し下に傷があり、そこから血が流れ出ている。

「さあ、祐介くん。彼らにご馳走して差し上げなさい?」

綿貫は後ろに控えているゆう子や検察の人間を顎でさす。

検察の人間は目の前で起こっていることについていけず、戸惑っている。

祐介は綿貫の横をすり抜け・・・とそのとき、腕から流れる血を溜めた手のひらを綿貫の鼻と口に押し当てる。

「血を飲むのはお前だっ。綿貫っ。」

「むぐぅっ。」

綿貫はうめき声と共に腰を落とす。

祐介はさらに傷口を綿貫の口に押し当て、ヘッドロックの要領で頭を固定する。

綿貫の喉元が動くのを確認すると、祐介は命令した。

「命(めい)を下す。綿貫、春奈を離し跪け。」

ぼうっとした表情で、綿貫が春奈を離し、膝を落とす。

その瞬間春奈は振り返り、祐介の腕を取る。

「祐介っ。」

祐介は春奈に向かってほほえんだ。

「あぁ、やっと名前を呼んだ。」

「そんなこと言ってる場合じゃないですっ。こんなっ。こんなっっ。」

春奈は泣きじゃくりながら傷口を手で圧迫する。しかしその指の間から血が次から次へと溢れ出て、いっこうに止まる気配がない。

「太いの切ったからね。そんな押さえ方じゃ止まらないよ。それより春奈、君はどこも怪我をしていないか?」

春奈は泣きながらうん、うん、と頷く。

「よかった。君を助けられて、本当に…よかっ…。」

「祐介?」

真っ青な顔をして祐介の体から力が抜けた。





まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。