スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#116~余生を埋めるモノ~

 
Reversi-Love_116.jpg
 
春奈は病院長室を出ると、第一外科のナースステーションに入った。

「春奈ぁっ。」


先輩看護師達が、春奈を取り囲む。

みんなが口を揃えてよかったと言ってくれた。

「葛西さん。」

そこには私服姿の福田が立っていた。

「師長、お見舞いに来てくださってありがとうございました。」

福田はふふっと笑って答えた。

「もう、師長じゃないわよ?」

「え?」

「今日付でここを辞めたの。」

福田は晴れ晴れとした顔で言った。




春奈と福田はある病室に向かって廊下を歩いていた。

「お辞めになったのは、看護に専念するためですか?」

春奈が聞くと、福田はニコッと笑ってうなずいた。

「でもね、まだ、あの人には言っていないのよ。」

春奈が驚いた顔をすると、福田は面白そうに笑いながら続けた。

「押しかけ女房よ。頼子の後は私が面倒をみなくって、誰がみるっていうのよね。何年かかっても、認めさせるわっ。」

そう言って目的の個室のドアを開ける。

ドアを開けると、元気な声がかかった。

「よお、春奈チャン」

ベッドの上で座ってる田代が手を上げ笑いながら春奈を迎えた。

「お加減はいかがですか?」

「んー。すこぶる快調だね。足が動かないこと以外は、な。」

以前田代がふと漏らした言葉。先が短いという言葉がなにか病気をさしているものではないか?そう思っていた春奈の予感は正しかった。

田代は徐々に筋肉に電気が通らなくなる難病に侵されていた。現代医学では手の施しようがなかった。

「年寄りだからね。病気の進行が遅くってさ。いいんだか、悪いんだか。」

そういう田代の耳たぶをつまんで引っ張り上げる福田がいた。

「いてててててっ。なにすんだ、師長っ」

「もう、師長じゃないので、ちゃんと名前で読んでくださいっ。」


「・・・・え?」

「あなたがイヤだと言っても、私はどこまでもついていきます。だから、全ての時間を、あなたに捧げます。もらってやってください。」

春奈はそっと病室から出る。

「馬鹿だ。お前は、馬鹿だな。こんな先の短いやつにお前をもらえだなんて。」

「まだ、短いって、決まったわけじゃありません。医学は日々進歩してるんです。」

田代は目をつぶり、大きく息を吐いた。

そして目をゆっくりと開けると、ニカッと笑って手を広げる。

「京子。来い。」

福田が涙を浮かべる。

「シロチョー・・・」

田代が口の端をくいっとあげる。

「おいおい、自分は名前を呼ばせておいて、俺はシロチョーかよ?もうセンター長でもなんでもないぜ?」

「は・・・じめさん・・・」

福田が田代の胸に飛び込んだ。

「俺の余生を、お前で埋めてくれ。」







まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。