スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

護る男#09

 
 
郵便受けから郵便物を、宅配ボックスから宅配物を取り出しエレベーターに乗り込む。

部屋の前まで送った所で帰ろうとしたが呼び止められた。

「お茶でも飲んで行きなさいよ。」

まだ時間は早いし、問題ないかと思い、部屋に上がる事にした。

意外にもこじんまりとした部屋だった。

「議員宿舎には住まないのか?」

「いやよ。あんな税金の無駄遣いの所なんて。お天道様の下を歩けなくなっちゃうわ。」

そういいながら俺にソファーを勧めお茶をだした。

そして自分もソファーに座る。

二人がけのソファーなので、距離が少し近い。

俺が茶をすすっていると、高階は先ほど下から持ってきた郵便物に手をかける。

大判の封筒の中身を覗き、顔が青ざめる。

「どうした?」

その声にビクッとすると、元の議員センセの顔に戻った。

「嫌になっちゃう。いやがらせよ。」

そういうと封筒の中身をテーブルの上にザザッとだした。

テーブルの上には高階の写真が何枚も散らばる。

しかしその写真はどれも切り刻まれていて、原形をとどめているものはひとつもない。

高階は気を取り直して、今度は宅配物に手をかける。

俺の背中に悪寒がはしる。

「待てっ。それに触るなっ。」

高階から宅配物を取り上げると、中身を確認するために細心の注意を払い、側面に少しだけ切り込みをいれる。

フレーク状の白い物体と液体の入った2つの袋が見えた。

「水と水酸化ナトリウム・・・苛性ソーダだ…。段ボールの蓋が開けられたら袋が持ち上がり、貼り付けてあるカッターの刃で袋が破け、2つの袋の中身がまざると・・・爆発するんだ。」

「え?」

「おまえ、本気で命を狙われはじめたぞ。もうこれは脅しじゃない。相手が本気でお前の命を狙って来ている。」

高階の両腕を掴み、諭すように言う。

「もう、脅しじゃない。脅しじゃないんだ。」
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。