護る男#17

 
 
明け方、一旦家に戻り、身なりを整え登庁した。

そこで装備を整える。

鏡に映る自分の顔を見る。

ゆう子を護れ。

何があっても、護れ。


「よし。」


俺はゆう子の家に向かった。


ゆう子のマンションの下には、すでに何人かSPがいて、その中には同じ班の先輩である竹下さんがいた。SPの世界には珍しい女性だ。ただしそれはあくまで生物学的な分類だけであって、この人の精神は漢(おとこ)の中の漢だと思っている。

「おう。おはよう。」

俺に気がつき、男前な挨拶をくれる。

「おはようございます。うちの班、竹下さん一人ですか?」

「いや、班長と武田さんは所轄に話を聞きにいってる。山部さんはあっちで周りをチェックしている。」

え?所轄に話を聞きに行くって、珍しくないか?そんなことすると思わなかったから、朝方声とかかけちゃったぞ?所轄の警護担当に…。


しばらく待っていると、二宮班長と武田さんが戻ってきた。

二宮班長と目があう。

普段は気さくな人だが、こういう時の班長は怖いほど冷たい目をする。

無言で圧力をかけられる。

お前、マルタイと関係を持つなんて言語道断だ。そう言われている気になってくる。

ゆう子とそういう関係になった事を俺は後悔なんてしていない。しかし、褒められる事ではない事は理解している。でも、それでもゆう子が欲しかったんだ。

俺は目をそらさずに二宮班長の視線を返した。

班長はふぅっと息を小さく漏らすと、集合をかけた。

今日のマルタイ、要警護対象者であるゆう子のスケジュールが説明され、各人の担当が指示される。

「竹下、真中、両名はマルタイ警護。いっときも離れるな。」

「「はいっ」」
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ