スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

護る男#20

 
 
1、2、3で建物の陰に飛び込む。

俺たちの動きを追って地面に弾が跳ねる。

「このままホテルまで走るぞ。走れるか?」

「ええ。」

「真中っ!!援護する。行けっ。」

竹下さんが叫ぶのと同時に俺たちは走り始める。

背後で応戦する音がする。

竹下さんは無事だろうか。

しかし今はゆう子の安全を確保することだけを考える。

あの角を曲がって橋を渡れば、もうホテルは目の前だ。

俺はこの時、ホテルまであと少しだということで、油断していたのかもしれない。

ホテルまで最後の直線に入り橋を渡っている最中。

ヤツは現れた。

パシュッ

俺の左胸が熱くなる。その反動で俺は身が翻り、地面に手をつく。

しかしゆう子をしゃがませ、その上に覆いかぶさる。

狙撃だ。

公園のヤツが、ゆう子を狙っている。

真っ正面。ホテルの屋上からの狙撃だった。身を隠すモノは何もない。


俺の背中に再び灼けつくような痛みが走る。

「ゆう子。泳げるか?」

俺の腕の中、ゆう子は涙をいっぱい溜めて、弱音を吐かないよう口を真一文字に結び、うなずく。

「俺が立ち上がってヤツの気を引くから、お前はその隙に川へ飛び込め。橋の下を泳げば、ホテルにそのまま入れるボードウォークがある。そこからホテルに入るんだ。わかったか?」

ゆう子は目を見開いたまま何もしゃべれず、ただ頷く。

「後ろは振り返るな。まっすぐ前を向け!いいなっ。行くんだ、ゆう子っ」

俺は立ち上がり、ゆう子を突き飛ばした。

ゆう子は俺を見たまま川に落ちた。

ゆう子。がんばれ。お前もお前の戦場で戦って来いっ。

俺は薄れて行く意識の中で、ゆう子にエールを送った。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。