スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

狩る男#01~レクティル越しの偏愛~

 
 

SIDE:タカ



◯月□日。快晴。ややアゲンスト。

俺は愛機にバイポット(二脚)をとりつけ、深呼吸をする。

俺の心臓、止まっちまえ。

息を吐きながら、ゆっくりとスコープを覗く。

レクティル(照準線)の向こう側にキミが見える。

帽子を目深にかぶり眼鏡をかけ、ラフな格好のキミはテレビの国会中継のキミとは別人のようだ。

いったいどちらが本当のキミなんだろう。俺はそれをベッドの中で聞きたい。キミのそのうなじに舌を這わせ、快楽に溺れるキミを堪能したい。

くっ。

俺は笑いをかみ殺すと一旦愛機から離れ、ケースから弾を取り出す。

お気に入りのライフル弾。

それに一度口づけし、チャージングハンドルを引いてライフルに装填した。

これはキミへのラブレターだ。

俺は再びライフルを構え、キミがしゃがんでいる1m横の地面にめがけて引き金をひく。

いつもの儀式だ。

最初は驚いたキミも、最近ではもう、振り返ってもくれなくなった。

しかし今日は違った。

レクティル越しにのぞむキミとの間に、見慣れないオトコが割り込んできた。

なんだ、こいつは?

周りを見回し、俺に気がつくと鋭い目で睨みつけている。俺は太陽を背負っているし、向こうからはハッキリと見えるわけではないのだが。

サツか?

今日のところは引き上げるか。しかし、不愉快だ。俺とキミ・・・ゆう子との間にわってきやがって。

いつか痛い目にあわせてやる。

俺とあのオトコとのファーストコンタクトは、こんな感じだった。



まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。