スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

狩る男#11~キミの痴態~

 
 

SIDE:ゆう子



そんな私の気持ちはお構い無しに、タカは言葉を続ける。

『私の舌は鎖骨のくぼみをえぐるように舐めた後、君の胸へと降りていくよ。お礼に吸ってあげようか。ほら。』

チュゥゥゥっと皮膚を吸い上げるような音がなる。

「あぁぁっ。んんっ。」

ジョーが私の片脚を持ち上げ、ふくらはぎにキスをしながら腰を動かしている。

「あぁっ。ジョーっ。」

もうっ。なにも考えられないっ。ジョーっ。あなたが、あなたが好きっ。私はジョーに躯をあずけ、ジョーの動きに酔いしれる。

『ゆう子。こっちも忘れないで。今キミの胸の上を舌が円を描くように動いているよ。』

「あっ。」

『触ってごらん』

ゆう子はゆっくりと自分の胸の先端に指先をあてる。

ビクンと躯が大きく反応する。

『いい反応だ。そのまま指先で捏ねるように回してごらん』

いい反応?見てるの?見られてるの??

私は躯をすこし起こし、窓の外を見る。

ジョーは私が抱きつきたいのかと思ったようで、私の躯を起こしながらだきしめるように躯を寄せてくれた。

はるか遠く、ビルの屋上で何かが光った。

『あぁ、見つかっちゃった?今日は撃たないよ。見ているだけだ。キミの痴態を。』

その時ジョーがさらに大きく動いた。

「あっ。ジョーっ。だめぇっ。あっ。だっ。」

『すこし妬けるがね。キミの乱れた姿を堪能させてもらうよ。ほら、もっと快楽に身を委ねたまえ。』

「もっと妬かせてやるよ。見ろよ。俺に溺れきっているゆう子を。」

「えっ?。あぁぁっっ。」

ジョーはちょうどイヤーカフに耳があたっていたようで、タカの声が伝わったようだった。

ジョーが私を抱えたまま立ち上がり、窓際に移動しながら激しく突き上げてきた。私はジョーにしがみつき、息が吸えないほど甘い声をあげ続ける。本当に、溺れてしまいそうだ。

「ホークアイ、見てるんだろ?おぼえておけ。ゆう子は俺の女だ。お前にも、他の奴らにも指一本触れさせない。」

「あっ。あぁっ。ジョォッ。あんっ。あぁぁっ。」

「ゆう子っ。んんっ。」





『くくくっ。サイコーだ。キミ達は。いいものを見せてもらったお返しに、いいことを教えてあげよう。』

ジョーが私のイヤーカフに耳をつけ、一緒に聞いている。

『キミ達のいるホテルのまわりに、人相の悪いのが集まり始めている。どこからかキミ達の居場所が漏れたようだな。』



まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。