スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#38~帝王の血~

Reversi-Love_038.jpg
 
 
祐介は病院に戻り、春奈の先輩である由美子を当直室へ誘った。

ベッドに座ると、蓋のあいたビンを由美子に差し出す。

「これ、栄養ドリンクなんだけど、飲む?」

「なんですか?これ?赤まむし系?えー。」

「意外にいけるよ。どう?」

「これを飲ませるために誘ったんですか?」

祐介からドリンクを受け取り、くいっと飲み干した。

「違うよ。急に由美子のことが欲しくなっちゃったんだよ。変?」

そういうと由美子をぐいっと引き寄せる。

「あん。祐介先生、久し・・・ぶり・・・」

由美子の唇を口で塞ぐと、ボタンをひとつひとつ外して行く。

「最近ぜんぜん誘ってくれないから・・・寂しかったわ。」

由美子の胸元に舌を這わせながら祐介がこたえる。

「よくいうよ…。俺の他にも何人もセフレいるくせに…」

「あんっ。それはそれ、よ…。先生の代わりになんてならないわ…。はぁっ。」

祐介の手が由美子の股間を弄る。

由美子はベッドの上で膝立ちになり祐介に躯を押し付ける。

「あ…ん…。祐介先生っ。もっとっ。もっと触ってっ。なんかっ。カラダがっ。あぁんっ。変っ。熱いのっ。抑えられな…い…」


---そろそろか?

そう思い、祐介は手を止める。

「由美子。」

「いやっ。とめちゃいやっ。」

「俺が欲しい?」

「ほしいっ。ほしいよぉ。ゆうすけせんせぇ…」

「由美子。君、コーディネーターのひとりだろ?特別病棟で暗躍している裏の組織、知ってるね?」

「し、しらない…。それよりもゆうすけせんせぇのがほしいのっ。」

「ちゃんと答えないと、あげないよ。」

「だめっ。いえないっ。」

---こいつ、やっぱり知ってるな。

「由美子。いうことを聞け。聞かないと、ずっとこのままだ。」

「いやっ。うずいてっ。うずいてたえられないのっ。わたしのからだ、へんなのっ。ゆうすけせんせぇが、ほしいのっ。」

「だめだ。言え。」

「いやぁっ。」

その時、当直室のドアがあき、高瀬が入ってくると由美子のみぞおちにこぶしを入れた。

崩れる由美子を抱きかかえると、祐介の方に向き直った。

「祐介様。このようなことをされますと、相手の精神が壊れてしまいます。おやめください。」

高瀬は由美子をそっとベッドに横たえると、祐介をたしなめるかのように静かに話す。

「別に?このオンナが俺を欲しがっただけのことだろ?」

祐介は高瀬と目を合わせず、話す。

「血を、お使いになりましたね?!」

祐介が一瞬ギクっとする。

「わたくしは、というか、虎二郎様はご存知でした。あなた様の中にも帝王の血が流れていることを。」

祐介はゆっくりと高瀬の顔を見る。

「何人に、どれぐらい使われましたか?」

「5人に…200ccずつ…」

「まったくあなたという人は。計1,000ccですか?死にますよ?!」

そういうとクスリと水を差し出す。

「とりあえずの増血剤です。飲んでください。」

祐介は大人しく従う。極度の貧血状態で、抗う力すら残っていなかった。

気だるそうにため息をつくと、前髪をかきあげた。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。