Reversi-Love#43~懐かしい場所~

Reversi-Love_043.jpg
 
 
---ここは?

祐介はぼんやり目を開けてあたりを見回す。

---あぁ、懐かしい。クロんちだ…。昔、良く来たなぁ…

「祐介、目が覚めたか?」

いつからいたのか、黒羽が心配そうに祐介の顔を覗き込む。

「お前、ひどい貧血状態だぞ。何があったんだ?」


「あぁ…。それよりさ、お前、さっきよく俺が祐介だってわかったな…涼介のカッコしていたのに…」

黒羽は驚いた顔をする。

「当たり前だろ?格好なんて関係ない。なんでそんなこと言われんのか逆にわからない。」

祐介は驚き黒羽の顔を見る。そして顔がボッと赤くなり、布団を慌ててかぶった。

「ったく、わけわかんねぇやつだな。」

黒羽はそういうと、布団からはみ出ている祐介の頭をポンポンと叩いた。

布団をかぶったまま祐介が抗議する。

「子供扱い、するな。」

「あ、すまん。つい癖で。」




「・・・お前んち、懐かしい…。」

「・・・昔みたいに、いつでも来いよ。健太達も大きくなったからさ。」

「・・・ああ。」

「来たら子守りな。」

「えっ。それは勘弁してくれ。」

祐介が布団から顔をのぞかせて笑い出す。

黒羽も一緒に笑っている。


「今日はチビ達は?」

「今日はもともと遠出する予定だったから、知り合いのところに預けてあったんだ。」

「遠出?春奈とか?」

「ああ・・・。」

お互い気まずくなって口をつぐんだが、先に開いたのは黒羽だった。



「お前さ、俺の親父のこと覚えてるか?」

「ん?お前が高校三年の時、たしか刺されて…」

「その親父の墓参りに行こうとしたんだ。葛西と。」

祐介は不思議な顔をした。

「なんで春奈と?」

「葛西なんだ。」

「え?」

「あの時、親父が助けた女の子は葛西なんだよ。」

「え・・・。え---っ。お前っ。たしかあの時その子にあって、それで医者めざしたんだよなっ」

「ああ。よくおぼえてるな。」

「・・・すごい。これは、運命だ。」

---俺なんか立ち入れないぐらい、すごい運命だ。春奈のことが大切だと気がついた瞬間に、諦めなきゃいけないのか。俺は。でも・・・。


「・・・よかったな。再会できて。」

祐介の含みを持たせる言い方に不審がりながらも、ああ、と黒羽は答えた。

「幸せにしてやれよ。」

そう言って祐介は布団をかぶり、背中を向けた。

---これで、いいんだ。



まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ