スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#44~俺の居場所~

Reversi-Love_044.jpg 
 

そう思った瞬間、布団越しに尻を蹴られた。

祐介はガバッと起き上がる。

「なにするんだよっ」

黒羽が機嫌が悪そうに祐介を睨みつける。

「こっちのセリフだ。」

祐介の襟元を掴み、顔を近づける。

「お前、何様のつもりだ?よかった?運命だ?幸せにしてやれ?お前に言われなくてもこっちはそのつもりなんだよ。」

黒羽の意図がわからないでいたが、ただ、無性に祐介は腹がたった。

「だから、お前、逃げんなよ。」

「は?」

思いがけない黒羽の言葉に、祐介が怒りも忘れキョトンとする。

「葛西が気になってしょうがないんだろ?カッコつけて俺に譲るとか言うな。俺はお前から葛西を奪い取る。だからお前も同じ土俵に上がって来い。」

「な・・・」

祐介はあいた口がふさがらなかった。

「何いってるんだ?お前、言っている意味わかってんのか?」

黒羽はまっすぐ祐介を見る。

祐介も目を逸らさず、黒羽をまっすぐに見る。

黒羽はたたみかける。

「俺は葛西を心から愛している。何よりも大切に思っている。」

「・・・そういうのは本人に言えよ。」

---言ったよ。そしてお前に負けたんだよ。悔しいから言わないけどな。

「だが、俺は、お前のことも、大切な友人だと思っている。」

「な・・・」

「親父がなくなって、お前が俺のために心を砕いてくれたのを俺は知っている。心から感謝している。俺は、お前のことも失いたく無いんだ。」

祐介の顔がみるみるうちに赤くなる。

「お前、こういうの言われ慣れてないだろ。昔から誰に対しても一線引いていたもんな。信じられないんだろう?他人も、愛されている自分も。」

祐介はなにも言えず、ただ黒羽を見つめる。

「祐介。お前の事を親友だと思ってる。だから正々堂々と葛西を奪いたい。譲る譲らないと、俺たちが決める事じゃない。葛西が俺たちを選ぶんだ。」

「クロ・・・ちゃん」

「ちゃんをつけるなっ。」

黒羽が笑いながら抗議する。

しかし、驚いた後微笑む。

「クロ・・・ちゃ・・・」

祐介は顔をくしゃくしゃにして泣き出した。

そんな祐介のクビに腕を回し抱え込むと、もう片方の手で、髪をくしゃくしゃっとする。

「お前はみんなから愛されてんだよ。ちゃんと周りを見てみろよ。」

「っっ。」

祐介は涙で声が出なかった。

---俺、愛されてんのかな?俺の居場所、ここにはあるのかな?周りの大人は涼介しか見ていなかった。こんな俺を愛してくれる奴なんているのかな?

「祐介。自信を持て。お前は愛されてる。少なくとも、俺と葛西はお前の事が好きだ。」

---俺は。俺はっ。

「わかったよ…。わかった。」

祐介は黒羽のヘッドロックをはずす。


「シャワー、借りていいか?」

「いいが、大丈夫か?貧血舐めんなよ。」

はは、と笑って祐介が部屋を出て行った。


祐介を見送ると、黒羽は春奈の布団に目をやる。春奈はすっぽり布団をかぶっている。

「俺の恥ずかしい告白、聞いてただろ。葛西。」

春奈の布団がビクッと揺れる。

「ほらよ。」

春奈の布団の中にティッシュBOXを入れる。

小さく鼻をかんだ音がした後、目と鼻の頭を真っ赤に腫らした春奈が顔を見せる。

「透さん、ちょっとかっこよかったです。」

「ちょっとかよ」

そう言って2人は笑った。

「祐介んちはさ、ちょっと特殊な家でさ。多分居場所がなかったと思い込んでいたんだよ、あいつ。小さい頃から跡継ぎにと望まれていたのは弟の涼介だったし。」

「なんでですか?」

「さあ?そこまでは。血の濃さとかわけわかんねえこと言っていた時もあったけど…」

黒羽は話を続ける。

「あいつは、『人はみんな涼介に集まる』と言っていた事があったんだが、そんな事ないのにな。あいつの周りにだって、ちゃんと人が集まっている。後はあいつが心を開くか開かないか、それだけの問題なんだ。」

春奈は目を細めて黒羽の顔を見る。

「透さんは、本当にお兄ちゃんですね。」

「あんなデカイ弟はいらないよっ」

「あははは。」


まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。