Reversi-Love#49~ジョーカー~

Reversi-Love_049.jpg   
 
しばらくすると真中が黒羽の家を訪ねて来た。帽子を目深にかぶった女性が一緒だった。

その人物は挨拶をするとシャワーを浴びに奥へ引っ込んだ。

「ジョー。悪いな。デート中に。」

黒羽は真中に話しかけた。

「いや。助かったよ。そろそろ草むしりを切り上げたかったんだ。」

「お前も変わったなぁ。およそ草むしりなんてするタイプじゃないと思っていたのに。彼女の影響か?」

真中は笑いながら答える。

「影響というよりかは、半強制的だからな。」

二人は笑い合う。

黒羽が真中を春奈に紹介する。

「こいつは真中丈といって、警視庁に勤めている警察官だ。目つき悪いだろ?」

春奈はにっこりと笑う。

「はじめまして。警察官というと、殺人事件の捜査とかするんですか?」

真中が笑い出す。

「それは刑事部。俺は警備部。警視庁にいる全員がコロシの担当じゃないよ。俺は要人警護の仕事をしている。」

涼介が驚く。

「ジョー。お前、エリート中のエリートじゃないか。」

「そんな事ないよ。俺たちはただの壁だから。本当のエリートは上の方で一日中椅子に座ってるさ。フンゾリ返ってな。で、話ってなんだ?」


「ジョー。綿貫って代議士知ってるか?あと高階っていう代議士も。」

真中は驚いた。

---知っているもなにも…。

真中はチラッと浴室の方角を見る。

「綿貫がある方法を使って、高階を失脚させようと画策しているんだ。」

「ある方法?」

「すまんが具体的な方法は言えないんだが、それは涼介にしかできない事なんだ。で、綿貫は涼介を手に入れようと、葛西を誘拐して祐介をおびき出した。祐介が涼介の格好をして綿貫を騙し葛西を奪還したんだが…」

「が?」
真中は先を促す。

「祐介が深追いしているみたいなんだ。1人で。」

「危険だな…」

真中がつぶやき、話を続ける。

「確証はないんだが、ゆ…高階は綿貫に命を狙われた事がある。俺が聞いている綿貫という男は、陰湿で疑い深い男なんだが、祐介はよく綿貫を騙せたな。」

黒羽が答える。

「同じ病院に涼介の彼女が入院していてな。その彼女に面通しさせたらしい。彼女の機転で誤魔化せたらしい」

真中は驚いて顔をあげる。

「彼女危ないじゃないか。」

涼介が言葉をひきとる。

「それならば大丈夫だ。弥生には人をつけてある。今、動かせないからな。」

真中がほっとする。

「そうか。よかった。この件に関して、俺からとっておきのカードが出せる。ジョーカー級だ。」

真中以外の人間が首をひねる。

「ゆう子、そこにいるんだろ?入って来いよ。おまえバリバリの当事者だ。」

襖があいて入ってきた女性は、綿貫が失脚させようとしている代議士、高階ゆう子だった。

スーツに身をつつみ、ばっちりとメイクをしたその顔はテレビで見るゆう子そのものだった。

三人はあいた口が塞がらない。

ゆう子は三人の前に正座すると、背筋をピンと伸ばし話しはじめた。

「私の追求が甘かったばかりに、綿貫の尻尾を完全につかむ事ができなかった。せいぜい尻尾を踏んだだけ。その為にあなた方に迷惑がかかってしまって、本当に申し訳ありません。」

ゆう子は膝の前に手をつき、深々とお辞儀をする。

「綿貫のような腐った政治家が、日本をも腐らせようとしています。私にチカラを貸してください。」




一方、祐介は病院内にいた。

「祐介っ。末梢ライン確保してっ。」

田代の声が響く。

「本田、意識レベルとアイサイン、確認して。」

「はいっ」

田代が矢継ぎ早に他の医師にも指示を出す。

ここは救命救急センター。命を救う最前線だ。

「バイタル!」

田代の問いかけに看護師が答える。

「血圧63の44。プルス122、サチュレーション97%ですっ」

「腹部エコー準備、急げ」

「はいっ」

田代の指示のもと、全員が患者の命を救う為に動く。

患者は腹部刺創。

失血による出血性ショックの状態で運び込まれてきた。

バタバタと、嵐の中にいるような目まぐるしさだった。




おはようございます。まぬかんです♪
いつもと違う時間にアップしてすみませんっっ。

ここで1つお知らせがあるのですが、というか、事後になってしまい申し訳ないのですが・・・
年内の土日の更新をお休みさせていただきます。
呑んだ翌日は更新はお休みさせていただいておりまして(笑)←ばかですみませんっっ

こんなゆるゆるブログですが、よろしければまた遊びにきていただけるとうれしいです♪
ではでは!!




まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ