スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

Reversi-Love#52~ただいま~

Reversi-Love_052.jpg 
 
クラクラする頭を押さえ立ち上がろうとしたが、カラダがいうことをきかない。

「シロ・・・チョー・・・」

崩れ落ちそうな視界の中に、いつの間にか、心配そうに覗き込む高瀬がうつる。

「祐介様、帰りましょう…」

そう言ってひざまずき祐介に手を差し伸べる。

「高瀬…」

「祐介様、早く立ち上がらないと…」

「と?」

「お姫様抱っこしますよ」

祐介は慌てて立ち上がる。

そんな祐介を見て、高瀬がクスクス笑う。

「本当に可愛らしい方だ。ご自宅までお送りしますよ。」

祐介は真っ赤になって怒り出した。

車の後部座席で、グッタリとシートに身をあずけながら、祐介は夢を見ていた。

高校3年の夏、父親の葬儀で見た黒羽の凍てついた横顔。その黒羽の横で彼の精神面を支えていた夫婦。

そのふたりの前でだけは安心した表情を見せる黒羽。

---クロっ。だめだ。そいつに心を許しちゃだめだ。

黒羽はその夫妻に肩を抱かれながら遠くへと消えていく。

---クロっ。行くなっっ。

「・・・様っ。祐介様、着きましたよ。」

高瀬が祐介に声を掛ける。

祐介は息を荒くしながら起き上がる。


「はぁっ。はぁっ。」

高瀬が心配そうに祐介をみる。

祐介は呼吸を整え窓の外を見る。外には懐かしい雰囲気の一軒家があった。

「・・・クロんち?」

「はい。祐介様が今日お帰りになるべきところはこちらかと思いまして。」

祐介は呆然と外を眺めている。

「だめだ…。高瀬、車を。車を出せ。今、クロには、会えない…。」

祐介は黒羽の家から目を離せないまま、まるで何かに怯えるかのように、フルフルと首を横に小刻みに振る。

「しょうがない方ですね。」

高瀬はそう言って車を降り、祐介が座っている横のドアを開けた。

そして背中と膝の後ろに手を差し込むと、そのまま抱き上げた。

「ちょっ。なっっ。やめろっ。」

祐介は暴れて抵抗する。

「暴れるとキスしますよ。」

祐介の動きがピタっととまる。

「ちゃんとクロんちに行くからっ。おろせっ。」

高瀬はニコッと笑い「残念ですね」と言って祐介をおろした。



その時、玄関の引き戸がガラガラっと開き、春奈が駆け寄ってくる。

「祐介先生っ」

春奈はそのまま祐介に抱きついた。

「先生っ。祐介先生っっ。」

春奈が泣きじゃくる。

「春奈・・・。」

困ったような照れ臭いような顔をして、春奈の頭をポンポンと叩く。

横にはいつの間にか黒羽が立っていて、祐介と春奈を抱え込むように抱きしめる。

「おかえり。祐介。」

「・・・ただいま。」

祐介は照れ臭そうに下を向きながら答える。

「バカ兄貴。」

黒羽とは逆の方から声をかけられ顔をあげると涼介の顔があった。涼介も3人を抱え込むように抱きしめる。

涼介が静かにクチを開く。その声は少し震えているようも聞こえた。

「心配したんだぞ。」

「・・・ごめん」

「なんで俺に言ってくれなかったんだ?」

「・・・ごめん。」

祐介の正面から抱きついている春奈の頬に雫がおちる。

祐介は涙をこらえることができなかった。

「ごめ…。本当に、ごめん…俺、お前の背負っていたものとか、全然知らなくて、勝手に妬んで…。勝手にいじけて…。」

涼介の3人を抱きしめる腕にチカラが入る。

「兄貴…。俺の方こそ謝らなければいけない。あの頃の俺は、家族も信じられなくって…。1人で背を向けていた…。そしてすべてに諦めていた。あの時、ちゃんと話していれば綿貫の好きにはさせなかっただろうし、兄貴が今、命を削る事も無かったんだ…。すまん…。」

祐介は黒羽と涼介の腕に手を添え、春奈の頭に頬をつけた。


祐介がずっと欲しかった自分の居場所が、そこにあった。

 
 
まぬかんlogo_s.jpg


web拍手 by FC2
ランキングに参加しています。よかったら応援してやってください♪
 (1日1回、愛のクリックをいただけると小躍りして喜びます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

THEME:オリジナル小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム
まぬかんへのご連絡はこちらからどうぞ。 ※誹謗中傷はご遠慮ください。 イラストとかいただけるとものすごく嬉しいです♪ (送付先をご連絡しますので、ぜひぜひお願いします)

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。